平成29年3月12日に改正道路交通法が施行されます!

法令改正の概要

改正される、主なものは次の2点です。

*リスクの高い運転者への対策「高齢運転者対策」の推進

*18歳から取得可能な免許「準中型免許」の新設

特に、75歳以上の方が運転免許の更新を希望される際は、更新時の認知機能検査に加えて、新設された検査等を受けなければならない場合があります。
安心・安全な運転が行えるように、ぜひご覧ください。
 (注意)詳しくは兵庫県警のホームページで紹介しています。

改正道路交通法が施行されます(PDF:246.2KB)

1.高齢運転者対策の推進に関する規定の整備

(1) 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習
ア. 臨時認知機能検査・・・75歳以上の運転者が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為をしたときは、新設された「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。
イ. 臨時高齢者講習・・・上記の検査を受け、認知機能の低下が運転に影響する恐れがあると判断された高齢者は、新設された「臨時高齢者講習」(個別指導と実車指導)を受けなければなりません。

(2) 臨時適正検査制度の見直し
認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された高齢者は、違反の有無を問わず臨時適性検査(医師の診断)を受け、または命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。

(3) 高齢者講習の合理化・高度化
高齢者講習は、75歳未満の方や、認知機能検査で認知機能の低下のおそれがないと判定された方に対しては、2時間に合理化(短縮)されます。
なお、75歳以上の方で、認知機能検査で認知機能の低下のおそれがあると判定

された方に対しては、個別指導を含む3時間の講習となります。

 

運転免許書手続きの詳細に関しては、高齢運転支援サイトをご参照ください。

高齢運転者支援サイト

高齢運転者対策の推進に関する規定の整備(兵庫県警リンク)

高齢運転者対策の推進(PDF:291.9KB)

2.準中型免許制度

(1) この免許で、車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます。(普通自動車も運転できます。) 普通免許で運転できる自動車は、車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)です。

(2) 準中型免許は、18歳から普通免許なしでも取得できます。教習は最短17日で取得可能です。(注意)普通免許は最短15日で取得可能。

(3) 初めて準中型免許を取得した方は、準中型自動車を運転するときは1年間初心者マークを付けなければなりません。

準中型免許の新設(PDF:194.7KB)

準中型免許制度(兵庫県警リンク)

お問い合わせ先
加東市 協働部 防災課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0403
ファックス:0795-42-5055
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。