かとうとかどう?~教育~

英語教育の充実

英語の授業や国際交流が充実

英語授業の充実

外国人英語指導助手(ALT)を全小中学校に配置し、コミュニケーションを重視した授業を行っています。

 

かとう英語ライセンス制度

加東市オリジナル英語副読本「かとう英語ライセンス・レッスンブック」を作成しています。レッスンブックには、市の名所や特産物、姉妹都市であるワシントン州オリンピア市等が登場し、英語を通して文化の理解や発信にも取り組めるよう工夫をしています。また、スピーキングテストを含む市独自の「かとう英語ライセンス検定」を実施し、英語で臆せずにコミュニケーションができる力の育成を目指しています。

 

英検検定料の補助

市立中学校生徒に実用英語技能検定(英検)の検定料を年1回まで全額助成しています。

 

加東の教育 かとう夢プラン (PDF:10.3MB)

 

姉妹都市との交流

加東市はアメリカワシントン州オリンピア市と姉妹都市提携を結んでいます。毎年中学2年生から高校3年生の生徒を対象に、10日間ほどの交流を行っています。(ホームステイ・派遣受入れは毎年交互に実施)

 

加東キッズ・インターナショナル・ワークショップ

「加東から世界へ」を合言葉に、加東市の小学5・6年生を対象に英語を使って遊んだり、国際交流について学んだりするワークショップ事業です。

兵庫教育大学に在籍する留学生や市内在住のALTと一緒に、英語落語、英語プレゼンテーション、英語キャンプなどを実施しています。

詳しくはこちらから

 

 

 

 

小中一貫教育

ふるさとを愛し、自らの夢に挑む自立した子どもの育成

小中一貫教育の推進

加東市では、2021年度に東条地域での小中一貫校の開校、その後社地域・滝野地域と準備を進めています。

各教科をはじめ、運動会や体育祭などの学校行事、道徳等の教育活動すべてにおいて、小学校と中学校の垣根を越えた系統性・連続性のある教育活動を行うことで、ふるさとを愛し、自らの夢に挑む自立した子どもを育成します。

詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

充実した教育環境

ICTを活用した先進的な教育環境

電子黒板やタブレットパソコンを積極的に導入し、子どもたちの学力向上や情報活用能力の育成に取り組んでいます。

詳しくはこちらから

 

 

 

加東スタディライフ

夏休みなどの長期休暇中に実施する自主学習サポート。教員OBや教員免許取得者が児童・生徒の学習を支援しています。

 

兵庫教育大学との連携

兵庫教育大学は、加東市の大きな地域資源のひとつです。附属幼稚園や小・中学校もあり、市内外からたくさんの子どもたちが通学しています。

また、大学教員による公開講座や講師派遣事業などで、年齢を問わず最高レベルの学びが提供されています。

その他にも、加東市には、県立嬉野台生涯教育センターや県立教育研修所など、教育関連の施設が密集しており、県中部の学びの中心地としての役割を果たしています。

兵庫教育大学ホームページ

 

 

 

学校給食の実施と食育の推進

加東市では、市内すべての小中学校で学校給食を実施しています。

学校給食メニューには、地産地消の推進のため、生産者の顔が見える市内産の野菜などを多く取り入れたり、食物アレルギー対応を図るため、多種多様な代替食材を取り入れています。また、成長期に必要な栄養価について、基準値を遵守した献立による給食提供にも努めています。

※加東市の学校給食費は、県下で一番低い価格です。(幼稚園・小学校 1食210円、中学校 1食240円)

 

おでかけ図書館

すべての小学生の図書館体験として、おでかけ図書館を行っています。

希望の図書館で、館内見学やとしょかんカードを作り、本を借りる体験をすることで、子どもたちに図書館を身近に感じてもらい利用の促進につなげます。

 

お問い合わせ先
加東市 まちづくり政策部 まちづくり創造課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0529
ファックス:0795-42-5633
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。