手足口病が流行しています

手足口病について

手足口病は、口の中や手足などに現れる水泡性の発心を主症状とする感染症です。

・4歳くらいまでの幼児を中心に夏期に流行します。

・エンテロウイルス(エンテロウイルス71、コクサッキーA16等)が原因となります。

同じウイルスが原因でヘルパンギーナを起こすことがあります。

・経口感染・飛沫感染・接触感染により感染します。

・感染してから症状が出るまでの期間は、3~4日位がもっとも多くなります。

・症状が消失した後も3~4週間は糞便中にウイルスが排泄されることがあります。

・まれに髄膜炎を合併することがあり、頭痛と嘔吐には注意が必要です。

 

手足口病の予防について

・手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発症を予防できる薬はありません。

・一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。

・手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。

・手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されることや、感染しても発症しないままウイルスを排泄している場合もあることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

 

手足口病に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ先
加東市 市民生活部 健康課(保健センター)
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎2階
電話番号:0795-43-0432
ファックス:0795-42-3978
メールフォームによるお問い合わせ