容器包装プラスチックの品質調査で過去最高の結果となりました!!

7月6日に、容器包装プラスチックのリサイクル業者であるJFEプラリソース株式会社で行われた容器包装プラスチックの品質調査に立ち合いました。

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会が、容器包装プラスチックの分別評価を行い、加東市から持ち出された容器包装プラスチックの容器包装比率(リサイクルができる割合)が99.31%と、過去最高の結果となりました。これは市民の皆様が、日頃から高い意識を持って、資源ごみの分別に取り組まれている成果です。

ただし、今回の検査では以下の異物が含まれていましたので、分別の際、ご注意ください。

*汚れの付着した容器包装プラスチック

*容器包装以外のプラスチック製品(湿布のカバー、ジップ式ビニール袋、プラスチック製のスプーン等)

しっかりと分別がされているほど高い品質のリサイクルができ、処理経費も安くなります。今後も分別のご協力をよろしくお願いします!

また、公益財団法人日本容器包装リサイクル協会のホームページから容器包装プラスチックの分別ポイントの動画やリサイクルの流れ等、容器包装プラスチックに関する詳しい情報がご覧になれます。

公益財団法人日本容器包装リサイクル協会

お問い合わせ先
加東市 市民生活部 生活課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎1階
電話番号:0795-43-0502
ファックス:0795-42-5282
メールフォームによるお問い合わせ