ワンストップ特例制度について

 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、寄附をされる方が寄附先の自治体(加東市)へ申請を行い、寄附先の自治体がその方の住所地の市町村への控除申請を代行することで、寄附者が確定申告をすること無く、個人住民税の控除を受けることができる制度です。
(この制度は2015年4月1日以降に寄附をされる方が対象です。3月31日以前に寄附をされた方は確定申告が必要になります。)

 確定申告をされる場合、所得税と個人住民税から軽減を受けることになりますが、ワンストップ特例の場合は、所得税の軽減相当額を含め、個人住民税からまとめて軽減を受けることになります。

ワンストップ特例の対象者は?

ワンストップ特例の対象となる方は、次の2つの条件を満たす方に限られます。

  1. ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外での所得税や住民税の申告を行う必要がない方
    自営業者等の方や、給与所得者の方でも医療費控除、株式等の所得を申告する方は対象となりません。
  2. その年にふるさと納税をされる自治体数が5つ以下の方

手続きの方法は?

  ふるさと納税申し込み時に、ふるさと納税申出書の通信欄に「ワンストップ特例制度を希望する」旨の申出をいただいた方には、寄附金受納証明書と併せてご案内と「道府県民税・市町村税の寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をお送りします。
 お手元に届きましたらこの「道府県民税・市町村税の寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に記入し、加東市へ提出いただくことで手続きが完了します。
 ホームページからのふるさと納税の申し込みだけでは特例申請は完了しませんのでご注意ください。

お問い合わせ先
加東市 総務部 総務課 総務係
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0410
ファックス:0795-42-7375
メールフォームによるお問い合わせ