『認知症になっても笑顔で暮らせるまちをつくろう宣言』ができました!

 認知症の理解を深め、本人や家族の思いに寄り添い、応援できる人を一人でも多くつくっていこうとする取組の一環として「こんなまちになったらいいな」という思いを募集し、このたび『認知症になっても笑顔で暮らせるまちをつくろう宣言』として、作成しました。

認知症になっても 笑顔で暮らせるまちをつくろう宣言

  • わたしたちは、認知症かも? おやっと思ったらまず相談します(早期の対応)
  • わたしたちは、元気なときもしんどいときも周りを見わたし、つながります(孤立化予防)
  • わたしたちは、認知症の人の気持ちを理解し、ひとりひとりが持つ力を信じます(本人中心のケア)
  • わたしたちは、行きたいところへ行き、会いたい人に会えるよう応援します(徘徊行方不明の予防)
  • わたしたちは、オレンジリングを目印に認知症の人やすべての人を応援します(認知症サポーターの役割)
  • わたしたちは、認知症やねん! 誰がなっても言えるやさしいまちをつくります(権利擁護)

子どもから大人まで☆認知症をきちんと理解し、自分自身や家族のこととして受け止め、認知症に向き合える人があふれるまちをつくります

『認知症になっても笑顔で暮らせるまちをつくろう宣言』ポップスタンドを配布します

ポップスタンド画像

 『認知症になっても笑顔で暮らせるまちをつくろう宣言』をポップスタンドにしました。

  自宅や職場のカウンターなどに置いてくださる方は、高齢介護課(加東市役所1階)まで来所してください。

お問い合わせ先
加東市 福祉部 高齢介護課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎1階
電話番号:0795-43-0440
ファックス:0795-42-1735
メールフォームによるお問い合わせ