住宅ローン【フラット35】子育て支援型の利用開始について

住宅ローン【フラット35】の利用を検討中ではございませんか?

この度、加東市と住宅金融支援機構との間で“「フラット35」子育て支援型並びに加東市空き家活用支援事業及び加東市働く世代住宅取得支援事業に係る相互協力に関する協定”を締結しました。

本協定により、加東市が行っている「空き家活用支援事業」もしくは「働く世代住宅取得支援事業」の補助金を申請した後に住宅を取得される場合は、一定の要件のもと【フラット35】子育て支援型を活用していただく事が可能となります。これは、【フラット35】を利用した住宅ローンの金利から、当初5年間に限り年0.25%の引き下げを受けることができる制度です。

 

【フラット35】子育て支援型を利用いただくための要件

加東市空き家活用支援事業の“若年・子育て世帯補助金”の対象者または、

加東市働く世代住宅取得支援事業の“子育て上乗せ補助金”の対象者であること。

■ 加東市空き家活用支援事業“若年・子育て世帯補助金”を申請された場合は、以下の“【フラット35】子育て支援型”の要件も満たしている必要があります。

(1)取得する住宅が既存住宅であること。

(2)次のアまたはイのいずれかに該当すること。

ア.補助申請者(申請予定者を含む。以下同じ。)とその配偶者の満年齢の合計が80歳未満であること。

イ.補助申請者の満年齢が40歳未満であること。

(3) 補助申請者に18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある現に同居し扶養する子ども(母子健康手帳等で出生予定であることが確認できる胎児を含む。以下同じ。)があること。

 

■加東市働く世代住宅取得支援事業 “子育て上乗せ補助金”を申請された場合は、以下の“【フラット35】子育て支援型”の要件も満たしている必要があります。

(1) 取得する住宅が既存住宅または新築住宅であること。

(2) 補助申請者(補助申請者が配偶者を有する場合にあっては、補助申請者及びその配偶者)の満年齢が、39歳以下であること。

(3) 補助申請者に18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある現に同居し扶養する子どもがあること。

(4) 加東市働く世代住宅取得支援事業補助金交付要綱第2条第1号に規定する子育て上乗せ補助金を利用すること。

手続きの流れ

1.各取扱金融機関にて住宅ローン【フラット35】の事前審査を受けてください。

2.「加東市空き家活用支援事業補助金交付申請書」もしくは「加東市働く世代住宅取得支援事業補助金交付申請書」と同時に、「【フラット35】子育て支援型利用申請書」を加東市地域整備課窓口まで提出してください。

3.加東市から上記の補助金交付決定通知書と、【フラット35】子育て支援型利用対象証明書の交付を受けてください。

4.金融機関へ【フラット35】子育て支援型利用対象証明書を提出してください。

 

注)加東市空き家活用支援事業または加東市働く世代住宅取得支援事業の補助金を受けられる場合でも、要件により【フラット35】子育て支援型による支援を受けられない場合があります。

 

申請書類

申請書式【空き家活用支援事業用】(PDF:223KB)

申請書式【働く世代住宅取得支援事業用】(PDF:217.2KB)

お問い合わせ先
加東市 まち・農整備部 地域整備課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎3階
電話番号:0795-43-0517
ファックス:0795-43-0549
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。