自動車臨時運行許可制度

自動車臨時運行許可制度とは

 未登録の自動車や自動車検査証の有効期限の過ぎた自動車を新規登録や新規検査、車検切れ継続検査のため陸運支局等へ回送する場合などに、あらかじめ運行の期間、目的、経路などを特定したうえで特例的、臨時的に運行を許可する制度です。

臨時運行の対象となるもの

  • 陸運支局等へ検査・登録(新規登録・新規検査・車検切れ継続検査・予備検査等)に行かれる場合
  • ナンバープレート盗難等の変更登録
  • 整備工場へ車両整備・修理(検査・登録を受けることを前提としていること)に行かれる場合等

臨時運行の対象の自動

普通自動車、検査対象軽自動車、オートバイ(排気量250ccを越えるもの)等をいいます。

臨時運行の対象とならないもの

  • 自動車を単に移動させるためだけの場合(廃車場へ持っていく場合等)
  • 販売の為の試乗をするための場合
  • 車検のいらない自動車(排気量250cc以下のオートバイ等)
  • 登録する意思のない自動車(保有、展示を目的としたもの、撮影のため使用する自動車等)

申請手続き

注意事項

  • 申請書に運行の目的、運行の期間、運行の経路等の記入が必要となるため、事前に陸運支局等の予約など計画を立ててから申請してください。
  • 1運行1目的地で1回の許可となり、許可を受けた車両、期間、経路以外に利用できません。
  • 窓口で必要事項を記入した申請書の提出と、書類審査に必要な下記のものの提示が必要です。

自動車臨時運行許可の申請に必要なもの

  • 自動車臨時運行許可申請書(窓口にて直接記入していただきます。)
  • 自動車の同一性を確認できる書類原本(自動車検査証、抹消登録証明書、自動車検査、証返納証明書等)

やむを得ず原本を提示できない場合は、その写しと車台番号の写し(石刷りまたは写真)の提出が必要です。

  • 自動車損害賠償責任保険(共済)証明書原本

臨時運行期間をカバーするものであるが、保険期間の最終日は許可できません。

  • 個人申請の場合は、自動車運転免許証、外国人登録証明書など本人確認できるもの
  • 印鑑
      申請者が個人の場合は窓口に来られる方の印鑑(認印)
      申請者が会社の場合は代表者印等
  • 手数料 750円

申請日

申請できるのは原則 運行日の当日又は、前日です。ただし、やむを得ない理由がある場合は、運行の日前5日までとします。(休日をはさむ場合は休日直前の開庁日となります)

運行(許可)の期間    5日間以内

5日間(土曜日・日曜日、祝日を含みます)を限度とします。

運行の経路

運行の目的を達するための必要合理的な経路となります。

出発地、(経由地)、到着地を特定してください。出発地、到着地については住所が必要です。

返却(許可証の有効期間が満了したとき)

 許可証の有効期間が満了した翌日から5日以内に貸与したナンバープレートと許可証を返納してください。(貸し出した時と同じ窓口に返納してください)

 罰則

 返納期限内に臨時ナンバーと許可証を返納しないとき、許可証を備え付けないで運行したとき、許可された自動車以外の自動車に仮ナンバーを使用したとき、詐欺その他の不正な手段により臨時運行許可を受けたとき等は道路運送車両法の規定により処罰されます。

お問い合わせ先
加東市 総務財政部 税務課 住民税係
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎1階
電話番号:0795-43-0396
ファックス:0795-42-5282
メールフォームによるお問い合わせ