加東市制10周年記念事業要覧を作成しました

   市制10周年をひとつの大きな節目として、先人たちのこれまでのまちづくりに対して敬意を表するとともに喜びを分かち合いながら、子どもたちが夢を育み笑顔あふれる新たなステージ「加東」に向けて、市民とともに協働して取り組んでいくためのふるさとを愛する心や、まちづくりへの活力を結集する機会として、市制10周年記念事業を実施しました。

   市民や地域、事業者の皆様との協働により、すべての記念事業は大成功に終えることができました。

   記念事業にご参加いただきました皆様、また、事業の実施に携わっていただいた関係者の方々に心からお礼を申し上げます。

 

   この記念事業を未来へ伝承していくために、記念事業要覧を作成しました。未来へ向かって大きく飛躍しようとする元気な加東市の姿をご覧ください。

   加東市は、次の20年、30年に向けて発展し続けます。今後とも、引き続き、皆様のお力添えを賜りますようお願いいたします。

10周年記念事業要覧(表紙)

 

 

加東市制10周年記念事業要覧(PDF:9.7MB)

主な記念事業

加東市制10周年記念式典

   平成18年3月20日に社町、滝野町、東条町の3町が合併し、「加東市」が発足してから、市制10周年を迎えました。

   この記念すべき年を皆様とともに祝い、加東市の更なる発展に向け、「加東市制10周年記念式典」を開催しました。

   市政の発展に貢献された72の個人・団体の皆様の功績をたたえるとともに、輝く加東の更なる発展を誓いました。

式典の当日に上映した社高校書道部のパフォーマンスビデオと市制10周年記念ビデオの映像です。

加東のたいこ屋台大集合!

   市内にある8台の太鼓屋台(社上組、社下組、上中地区、東古瀬地区、牧野地区、上滝野地区、新町地区、高岡地区)が集結し、その勇壮さ、絢爛さを披露し合う、夢の舞台を展開しました。

   史上初めて実現する太鼓屋台の共演で、加東の伝統・文化のすばらしさを発信し、ふるさとへの愛着心や誇り、未来へ受け継ぐ力を培いました。

【実施内容】

◆参加団体(太鼓屋台)の紹介・練り

◆太鼓屋台引き体験

◆太鼓屋台総練り  など

輝く加東!冬の祭り

   合併のシンボルである庁舎をより身近に感じてもらうとともに、市制10周年を市民とともに祝い、輝く加東を着実に歩む加東市を市内外へアピールし、また市民相互の交流を推進しました。

【実施内容】

◆3Dプロジェクションマッピング「HEART BEAT KATO -未来へつなぐメッセージ-」

◆つるりん加東

◆市民活動発表ステージ  など

イベント当日に上映した3Dプロジェクションマッピング「HEART BEAT KATO-未来へつなぐメッセージ-」の映像です。

大相撲加東場所

   日本の伝統国技である大相撲の横綱・大関をはじめ、兵庫県出身の力士たちの生の姿を間近で観て、直接触れ合うことで、未来を担う子ども達から高齢の方々まで、老若男女問わず幅広い世代の市民が「夢」と「感動」を共有しました。

市制10周年記念講演会

   『和食』をユネスコ無形文化遺産登録に導いた京都の老舗料亭 菊乃井三代目主人 村田吉弘さんをお招きし、日本酒の和食における役割や文化的価値、おもてなしの心を講演いただきました。『山田錦のふるさと加東』を市内外に広くアピールし、加東市の知名度アップにつなげました。

 

お問い合わせ先
加東市 まちづくり政策部 企画政策課 企画調整係
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0388
ファックス:0795-42-5633
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。