社会教育施設の使用ついて(7月9日更新)

更新日:2020年07月09日

 下記の社会教育施設の使用は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、引き続き、北播磨、東播磨地域に在住、在勤、在学者及び加東市立公民館、コミュニティセンター、社会体育施設の登録団体に限ります。

 (注)北播磨地域:加東市、西脇市、三木市、小野市、加西市、多可町
    東播磨地域:明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町

 また、7月10日(金曜日)から生涯学習施設の会議室の使用可能人数を定員の1/2に緩和します。(上限人数60人を撤廃します。)

 使用可能人数はこちら→施設使用可能人数(令和2年7月10日~)(PDFファイル:264.6KB)

 ご使用の際は以下の「使用者が厳守すべき事項」について、ご協力をお願いいたします。

 なお、今後の感染状況等により、再度使用を停止する場合があります。

 

貸館・使用の対象施設

・社会体育施設(屋内体育施設) 

滝野総合公園体育館「スカイピア」、社第一体育館、滝野体育センター、東条第一体育館、東条第二体育館、社武道館

・社会体育施設(屋外体育施設) 

社第一グラウンド・テニスコート、社第二グラウンド・テニスコート、社第三グラウンド、グリーンヒル・スタジアム、滝野総合公園多目的グラウンド・テニスコート、東条グラウンド、東条野球場、東条健康の森スポーツ広場、夕日ヶ丘公園パークゴルフ場

・生涯学習施設

社公民館、滝野公民館、東条公民館、明治館、さんあいセンター、コミュニティセンター東条会館、滝野複合施設、加古川流域滝野歴史民俗資料館、三草藩武家屋敷旧尾崎家

 

使用者等が厳守すべき事項

社会体育施設(屋内体育施設)

1.代表者は、施設管理者が用意したチェックリストにより、使用者の名簿(氏名、住所、電話番号)を作成するとともに、参加者の状態確認を行い、滝野総合公園体育館「スカイピア」または社・東条公民館に提出する。(チェックリストはスカイピア・各公民館にあります。)
 なお、観覧者については、代表者において名簿の内容を把握してください。必要に応じて情報を提供していただく場合があります。

 チェックリストはこちら→社会体育施設(屋内)使用者名簿(チェックリスト)(PDFファイル:74.3KB)

2.使用日当日及び使用日前2週間において、使用者全員について以下の事項を確認する

(1)37.5度以上または平熱比1度を超える発熱がない。

(2)軽度であっても咳、咽頭痛などの症状がない。

(3)だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)がない。

(4)臭覚や味覚の異常がない。

(5)体が重く感じる、疲れやすい等の症状がない。

(6)新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がない。

(7)同居家族や身近な知人に感染が疑われる者がいない。

(8)政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がない。

3.マスクの着用等による飛沫防止対策、咳エチケット、手洗い、手指の消毒を徹底する。

(1)運動・スポーツ中におけるマスク等の着用は使用者の判断によるものとするが、着替え、休憩等の運動を行っていない間はマスク等を着用する。

(2)使用者間でタオルの共用はしない。

(3)タオル又はペーパータオルを持参する。

4.三つの密(密集、密閉、密接)を避ける。(2m程度離れる)

(1)飛散防止対策として、人の呼気の影響を避けられる距離を保つ。

(2)大声での会話や声援、指示出しは行わない。

5.使用した備品や道具類は、使用前後において消毒する。
 
(消毒液等は、各施設に設置してあるものをご使用ください。)

6.施設使用後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無について報告する。

7.施設使用時に発生したごみは持ち帰る。

8.換気しながら運動又は1時間に5~10分を目安に換気を行う。

9.下駄箱、更衣室は、間隔を空けて使用する。

 

滝野総合公園体育館「スカイピア」トレーニングルームについては、こちらをご確認ください。

 

社会体育施設(屋外体育施設)

1.代表者は、施設管理者が用意したチェックリストにより、使用者の名簿(氏名、住所、電話番号)を作成するとともに、参加者の状態確認を行い、滝野総合公園体育館「スカイピア」または社・東条公民館に提出する。(チェックリストはスカイピア・各公民館にあります。)
 なお、観覧者については、代表者において名簿の内容を把握してください。必要に応じて情報を提供していただく場合があります。

 チェックリストはこちら→社会体育施設(屋外)使用者名簿(チェックリスト)(PDFファイル:74.6KB)

2.使用日当日及び使用日前2週間において、使用者全員について以下の事項を確認する

(1)37.5度以上または平熱比1度を超える発熱がない。

(2)軽度であっても咳、咽頭痛などの症状がない。

(3)だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)がない。

(4)臭覚や味覚の異常がない。

(5)体が重く感じる、疲れやすい等の症状がない。

(6)新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がない。

(7)同居家族や身近な知人に感染が疑われる者がいない。

(8)政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がない。

3.マスクの着用等による飛沫防止対策、咳エチケット、手洗い、手指の消毒を徹底する。

(1)運動・スポーツ中におけるマスク等の着用は使用者の判断によるものとするが、着替え、休憩等の運動を行っていない間はマスクの着用等飛沫防止対策をする。

(2)使用者間でタオルの共用はしない。

(3)タオル又はペーパータオルを持参する。

(4)運動中は、唾や痰をはくことは極力行わない。

4.三つの密(密集、密閉、密接)を避ける。(2m程度離れる)

(1)飛散防止対策として、人の呼気の影響を避けられる距離を保つ。

(2)大声での会話や声援、指示出しは行わない。

5.使用した備品や道具類は、使用前後において消毒する。
 
(消毒液等は、各施設に設置してあるものをご使用ください。)

6.施設使用後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無について報告する。

7.施設使用時に発生したごみは持ち帰る。

 

生涯学習施設

生涯学習施設(加古川流域滝野歴史民俗資料館、三草藩武家屋敷旧尾崎家を除く)

1.代表者は、施設管理者が用意したチェックリストにより、使用者の名簿(氏名、住所、電話番号)を作成するとともに、参加者の状態確認を行い、各公民館に提出する。(チェックリストは各公民館にあります。)
 なお、観覧者については、代表者において名簿の内容を把握してください。必要に応じて情報を提供していただく場合があります。

 チェックリストはこちら→生涯学習施設等使用者名簿(チェックリスト)(PDFファイル:71.5KB)

2.使用日当日及び使用日前2週間において、使用者全員について以下の事項を確認する。

(1)37.5度以上または平熱比1度を超える発熱がない。

(2)軽度であっても咳、咽頭痛などの症状がない。

(3)だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)がない。

(4)臭覚や味覚の異常がない。

(5)体が重く感じる、疲れやすい等の症状がない。

(6)新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がない。

(7)同居家族や身近な知人に感染が疑われる者がいない。

(8)政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がない。

3.マスクの着用等による飛沫防止対策、咳エチケット、手洗い、手指の消毒を徹底する。

4.三つの密(密集、密閉、密接)を避ける。(2m程度離れる)
  使用可能人数など、決められた使用条件を厳守して使用する。 

 使用可能人数はこちら→施設使用可能人数(令和2年7月10日~)(PDFファイル:264.6KB)

5.使用した備品等は、消毒する。

 【消毒箇所】

使用した机、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気、エアコンのスイッチ、電話、窓(サッシ、鍵)など

6.施設使用後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無について報告する。

7.施設使用時に発生したごみは持ち帰る。

8.入室後、退室前に最低15分間以上の換気を行う。

 

生涯学習施設(加古川流域滝野歴史民俗資料館、三草藩武家屋敷旧尾崎家のみ)

1.来館者は、入館時に施設管理者が用意したチェックリストに氏名、住所、電話番号及び2.の状況等を記載する。

2.使用日当日及び使用日前2週間において、以下の事項が確認できる。

(1)37.5度以上または平熱比1度を超える発熱がない。

(2)軽度であっても咳、咽頭痛などの症状がない。

(3)だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)がない。

(4)臭覚や味覚の異常がない。

(5)体が重く感じる、疲れやすい等の症状がない。

(6)新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がない。

(7)同居家族や身近な知人に感染が疑われる者がいない。

(8)政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がない。

3.マスクの着用等による飛沫防止対策、咳エチケット、手洗い、手指の消毒を徹底する。

4.三つの密(密集、密閉、密接)を避ける。

(1)来館者は、人と人との距離(2m程度)を空けて入館し、観覧中はその距離を保つ。

(2)1度に入館できる人数は20人を上限とする。

(3)施設内の滞在時間は1時間以内を限度とする。

5.施設使用後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無について報告する。

6.施設使用時に発生したごみは持ち帰る。

7.展示物等には触れない。

 

この記事に関するお問い合わせ先

加東市 教育委員会 教育振興部 生涯学習課
〒673-1461
兵庫県加東市木梨1134番地60(社公民館内)
電話番号:0795-42-2600
ファックス:0795-42-2574
メールフォームによるお問い合わせ