加東市立公立学校施設の耐震化の公表について

 学校施設は、子どもたちが一日の大半を過ごす活動の場です。また、その大半が災害時には地域住民の避難場所としての役割も果たすことから、その安全性の確保は極めて重要です。
 加東市では、建築基準法の改正(1981年6月下記をご参照ください)以前に建築及び設計された校舎等の施設について1996年度から耐震診断を実施し、耐震補強が必要とされた施設については、1997年度より補強工事を行ってきました。
 2010年度に小中学校の校舎等の耐震診断及び耐震補強はすべて完了しましたので、加東市立学校施設の耐震化率は100パーセントとなりました。
 2008年6月18日に地震防災対策特別措置法の改正により、公立の幼稚園、小・中学校施設について、耐震診断の実施と耐震診断結果の公表が義務付けられました。これにより、加東市が実施してきた耐震化の結果を公表します。


1981年6月に建築基準法の構造規定が強化改正されたことから、1981年6月の建築基準法改正前の建築基準により設計された建物は旧耐震基準、建築基準法改正後の建築基準により設計された建物は新耐震基準として区分し、新耐震基準建物は所要の耐震性能を有しています。

加東市立学校施設耐震化状況一覧表(2011年3月31日現在)

建築基準法の改正(1981年6月)以前に建築及び設計された学校施設のみ

 

小学校

社小学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1977年4月
面積(床面積):1,784平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成13年度、平成14年度
改修済(Is値):0.72
改修済(q値):1.53

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1967年3月
面積(床面積):1,093平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):1.07
改修済(q値):1.53

福田小学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1980年3月
面積(床面積):3,072平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成11年度
改修済(Is値):0.73
改修済(q値):1.53

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1976年5月
面積(床面積):608平方メートル
第2次診断(年度):平成10年度
第2次診断(Is値):0.97
第2次診断(q値):1.73
改修済(年度):耐震性あり
改修済(Is値):耐震性あり
改修済(q値):耐震性あり

米田小学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1974年3月
面積(床面積):890平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成9年度、平成10年度
改修済(Is値):0.72
改修済(q値):1.03

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1974年5月
面積(床面積):1,472平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成9年度、平成10年度
改修済(Is値):0.72
改修済(q値):1.03

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1975年5月
面積(床面積):537平方メートル
第2次診断(年度):平成9年度
第2次診断(Is値):0.75
第2次診断(q値):1.76
改修済(年度):耐震性あり
改修済(Is値):耐震性あり
改修済(q値):耐震性あり

三草小学校

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1978年3月
面積(床面積):595平方メートル
第2次診断(年度):平成10年度
第2次診断(Is値):0.99
第2次診断(q値):1.50
改修済(年度):耐震性あり
改修済(Is値):耐震性あり
改修済(q値):耐震性あり

鴨川小学校

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1979年3月
面積(床面積):391平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):1改修済
改修済(年度):平成13年度
改修済(Is値):0.85
改修済(q値):1.20

滝野東小学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1969年3月
面積(床面積):1,468平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.76
改修済(q値):2.76

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1981年1月
面積(床面積):1,004平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):1改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):1.10
改修済(q値):1.26

滝野南小学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1979年3月
面積(床面積):890平方メートル
第2次診断(年度):平成18年度
第2次診断(Is値):0.72
第2次診断(q値):1.27
改修済(年度):耐震性あり
改修済(Is値):耐震性あり
改修済(q値):耐震性あり

区分:屋内運動場
構造:鉄骨造
階数:2階
建築年月日:1979年10月
面積(床面積):948平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):1改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.79
改修済(q値):1.39

東条東小学校

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1968年3月
面積(床面積):669平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):1改修済
改修済(年度):平成29年度
改修済(Is値):0.80
改修済(q値):3.03

東条西小学校

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1971年3月
面積(床面積):666平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):1改修済
改修済(年度):平成11年度
改修済(Is値):1.09
改修済(q値):1.36

 

中学校

社中学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:4階
建築年月日:1978年5月
面積(床面積)5,693平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成10年度
改修済(Is値):0.71
改修済(q値):1.03

区分:校舎(特別教室棟)
構造:鉄骨造
階数:1階
建築年月日:1978年10月
面積(床面積):675平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.80
改修済(q値):2.40

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1978年10月
面積(床面積):1,702平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成13年度
改修済(Is値):0.71
改修済(q値):1.11

区分:屋内運動場(挌技場)
構造:鉄筋コンクリート造
階数:1階
建築年月日:1978年10月
面積(床面積):380平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.79
改修済(q値):1.57

滝野中学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:4階
建築年月日:1977年5月
面積(床面積):3,363平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成11年度、平成12年度
改修済(Is値):1.08
改修済(q値):1.20

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1973年3月
面積(床面積):1,256平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.83
改修済(q値):1.30

東条中学校

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1964年3月
面積(床面積):1,184平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成11年度、平成12年度
改修済(Is値):0.73
改修済(q値):1.16

区分:校舎
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
建築年月日:1965年3月
面積(床面積):2,807平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成11年度、平成12年度
改修済(Is値):0.73
改修済(q値):1.16

区分:校舎
構造:鉄骨造
階数:1階
建築年月日:1972年3月
面積(床面積):216平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.76
改修済(q値):1.37

区分:屋内運動場
構造:鉄筋コンクリート造
階数:2階
建築年月日:1969年3月
面積(床面積):1,071平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成17年度
改修済(Is値):0.74
改修済(q値):1.63

区分:屋内運動場(柔剣道場)
構造:鉄骨造
階数:1階
建築年月日:1977年9月
面積(床面積):370平方メートル
第2次診断(年度):改修済
第2次診断(Is値):改修済
第2次診断(q値):改修済
改修済(年度):平成22年度
改修済(Is値):0.77
改修済(q値):1.39

用語の解説
  1. 「第2次診断」とは、柱・壁などの鉛直部材の破壊が先行する、すなわち柱崩壊型建物の耐震性能を評価することを目的とした耐震診断手法のひとつである。5~6階建以下の中低層鉄筋コンクリート建築物の耐震診断に一番適している。 
    「第2次診断」を実施した年度を「年度」欄に、「Is値」及び「q値」を、それぞれの欄に記載している。
  2. 「Is値」(構造耐震指標)とは、建築物(構造体)の耐震性能を表す数値である。数値が大きいほど耐震性能が高いことを表している。加東市は、文部科学省基準「Is値」0.7 以上を目標値として設定している。 
    「Is値」の目安は下記の通りである。(2006年1月25日国土交通省告示第184号)  
    Is値<0.3 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い。  
    0.3≦Is値<0.6 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性がある。   Is値≧0.6 地震の振動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が低い。
  3. 「q値」(保有水平耐力に係る指標)とは、地震による水平方向の力に対して建物が対応する強さを表す数値である。加東市は、文部科学省基準「q値」1.0 以上を目標値として設定している。
お問い合わせ先
加東市 教育委員会 教育総務課
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0540
ファックス:0795-43-0559
メールフォームによるお問い合わせ