家庭児童相談室

家庭児童相談室

 家庭児童相談員が、家庭に関する様々な悩みや心配事に応じ、解決方法を一緒に考えていきます。子ども本人、家族、教師、地域の方等、どなたからの相談にも応じます。
 また、児童虐待に関する連絡(通告)も受付けています。「もしかして虐待かな?」と思った時は、ためらわずにご連絡、ご相談ください。

相談内容

家庭で子どもが育てられない

保護者の病気、離婚、死亡等の理由で、子どもが育てられない。

しつけや性格、行動が心配

落ち着きがない、友だち関係が心配、夜尿、偏食など。

非行について

夜遊び、家出、外泊、学校をさぼる、万引き等の行動が見られる。

言葉や発達が心配

言葉が出るのが遅い、不明瞭、吃音、身体的・知的な発達が遅れているように思う。

学校に行きたがらない

いじめを受けていたり、体の不調を訴えて学校に行きたがらない。

保護者から不当に扱われている

子どもが身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、ネグレクト(放任・怠慢)など不当な扱いを受けていると思われる子どもを発見したとき。
 

その他、どんなことでもご相談ください。

窓口・お問い合わせ

福祉部子育て支援課 家庭児童相談室

電話番号 0795-43-0441