新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書について

更新日:2021年12月28日

予防接種証明書について

予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明

するものとして被接種者からの申請に基づき交付します。

接種証明書(電子版)の交付について

スマートフォン上の専用アプリから申請し、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)を取得できます。取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

アプリのダウンロード方法や申請手順の詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。

接種証明書(紙版)の交付について

「パスポート情報等を記載した海外用及び日本国内用の接種証明書」と「パスポート情報等の記載の無い日本国内用の接種証明書」の2種類が交付可能です。

日本国内で、接種の記録を必要とする場合は、引き続き、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用いただけます。

【海外用及び日本国内用の注意点】

  • 渡航先の入国に当たり、これまでに取得された書面の接種証明書は引き続き有効です。ただし、一部の国においては二次元コードが必要な場合も考えられますので、海外渡航の際には、渡航先政府のウェブサイトや外務省のウェブサイト等をご確認ください。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • 接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。渡航時に活用できる国や地域については、外務省ホームページから最新の情報をご確認ください。

受付開始日

令和3年12月20日(月曜日)

対象者

加東市が発行した接種券で新型コロナウイルスワクチンを接種した方

 

【海外用及び日本国内用】 必要書類

1.新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書(PDFファイル:480KB)

2.旅券(パスポート) ※旅券番号が記載されているページ

3.接種済証または接種記録書

4.【旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合】旧姓・別姓・別名が確認できる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)

5.【代理人による申請の場合】委任状(PDFファイル:290.2KB)

6.返信用封筒 ※84円切手を貼付の上、宛先・宛名をご記入ください。

※郵送申請の場合、2から4は写しで申請できます。

【日本国内用】 必要書類

1.新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書(PDFファイル:480KB)

2.本人確認書類

3.接種済証または接種記録書

4.【代理人による申請の場合】委任状(PDFファイル:290.2KB)

5.返信用封筒 ※84円切手を貼付の上、宛先・宛名をご記入ください。

※郵送申請の場合、2、3は写しで申請できます。

申請方法

  1. 窓口申請
    加東市健康福祉部健康課(庁舎2階)に提出してください。
    (平日午前8時30分~午後5時15分)
     
  2. 郵送申請
    下記の宛先へ郵送してください。
      〒673-1493 加東市社50番地
      加東市役所 新型コロナワクチン担当 宛

注意事項

  • 予防接種証明書の発行には、接種記録を確認する必要があるため、接種済証や接種記録書を紛失されている場合、1週間から1か月程度要することがあります。
  • 予防接種証明書の発行に、手数料はかかりません。
  • 書類に不備等があった場合に、申請者に連絡する場合がありますので、必ず連絡先(普段利用する携帯番号など)を記載してください。

この記事に関するお問い合わせ先

加東市新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0570-050-099(ナビダイヤル)

なお、ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、0795-43-0077へおかけください。

受付時間:午前9時から午後5時まで(平日のみ)

※令和3年12月29日(水曜日)から令和4年1月3日(月曜日)を除く