個別療育、集団療育ではどんなことをするの?

更新日:2020年09月23日

個別療育

個別療育とは、専門家と一対一で療育を行うことです。
ABA(注1)のノウハウを用い、“小さなできた”が積み重ねられるようにすすめていきます。
個別療育を希望される方は、一度発達相談を予約してもらい、療育が必要と判断された方が受けることができます。

(注1)ABA

応用行動分析のことです。
困った行動は何がきっかけになり、どうして続いているのかを見つけ、適切な行動へ修正していきます。
また、苦手なことに対しては、スモールステップで“小さなできた”を積み重ねていきます。

集団療育

集団療育とは、お友達とのやりとりが苦手なお子さんを対象に、お友達とかかわりながら人とのコミュニケーションを学んでいきます。
お友だちとトラブルが多い、一方的に話をしてしまう、人の話を聞けない等、お友達と仲良くしたいのに困っているお子さんが、集団療育を受けることで少しずつ変化していきます。
集団療育を希望される方は、一度発達相談を予約してもらい、療育が必要と判断された方が受けることができます。

この記事に関するお問い合わせ先

加東市 教育委員会 こども未来部
発達サポートセンター「はぴあ」
〒673-1461
兵庫県加東市木梨1129番地
電話番号:0795-27-8100
ファックス:0795-42-7666
メールフォームによるお問い合わせ