入院のご案内

 入院の準備から療養中の生活についてご案内いたします 。
 医師から入院の指示が出ましたら、以下の案内にそって手続きをしてください。
 療養生活を快適に過ごされ、一日も早く健康を回復して退院されますことを願っております。

入院手続

 健康保険証、各種医療証(老人・乳児・障害・難病・母子など)は必ず医事課の受付窓口にお出しください。
 なお交通事故や仕事中のケガによる入院の場合は、 保険の種類が自賠責・労災などになりますので、その旨お申し出ください。

健康保険証がないときは全額自費料金になります。
 健康保険証は必ずご持参ください。
 入院中に健康保険証・各種医療証に変更が生じたときは、速やかにお知らせください。

入院時に「入院誓約書」をお渡しいたします。
 ご記入の上、病棟の看護師にお渡しください。

 「入院誓約書」にご記入いただく連帯保証人は、ご本人の同居者以外で独立の生計を営む方にしてください。

 手術や特殊な検査をお受けになる方は、依頼書・同意書に署名捺印のうえ、前日までに医師または看護師にお出しください。

入院準備

入院手続に必要なもの

健康保険証・各種医療証、印鑑、入院誓約書、病院寝具借用書、患者基本情報用紙

入院生活に必要なもの

洗面用具、洗髪用具、和式の寝巻き、下着類、バスタオル、タオル、箸、スプーン、湯飲み、コップ、ふきん、筆記用具、ビニール袋、ティッシュ、洗濯ばさみ、室内履き、など

入院中

食事

食事の時間はおおむね次のとおりです。

朝食 7時30分

昼食 12時

夕食 18時

消灯

消灯時間は22時です。

入浴

浴室は各病棟にあります。入浴には入浴許可が必要です。

洗濯

1病棟は病棟に、3病棟と5病棟は屋上に洗濯機と乾燥機を設置しています。

面会時間

14時から16時まで

18時から20時まで

付き添い

患者様の病状によって医師が付き添いを必要と認めたときは、ご家族の方に付き添いをお願いする場合があります。ご協力をお願いいたします。

外出・外泊

入院中に外出または外泊を希望される方は、手続きが必要です。必ず、主治医または看護師に申し出てください。

入院費用

  • 入院費は毎月15日・月末の2回にわけて計算しています。
    請求書は係員がお部屋までお届けします。
  • お支払いは請求後7日以内にお願いいたします。
    退院時はご退院の当日、会計にてお支払いください。
  • 入院費の計算は、健康保険の定めにより午前0時を起点に日数計算をします。例えば、1泊2日の入院の場合は入院費や室料差額等の料金は2日分で計算することになります。
  • 一部の治療材料などで、健康保険の適用外の料金が発生する場合があります。
  • 個室、2人室に入院されるときは、入院費のほかに室料差額が必要です。

室料差額

個室特A

1日あたり7,560円(税込)

個室A

1日あたり4,320円(税込)

個室B

1日あたり3,240円(税込)

2人室

1日あたり2,160円(税込)

高額療養費

入院費が自己負担限度額を超える分については加入されている健康保険の保険者から「高額療養費」として給付を受けることができます。

お問い合わせ先は次のとおりです。

健康保険組合、協会けんぽ、共済等の社会保険の場合

所属の健康保険組合、全国健康保険協会、または勤務先

国民健康保険(市区町村発行)、後期高齢者医療の場合

市区町村の国民健康保険担当窓口、または後期高齢者医療担当窓口

市区町村以外の国民健康保険の場合

それぞれの国民健康保険組合担当窓口

転棟

地域包括ケア病棟(3病棟)への転棟は主治医の指示で決まります。

3病棟では、入院治療後、急性期の治療が終了した患者様に対して、安心して在宅や介護施設に復帰していただくための医療やリハビリ支援などを行います。

ご不明の点がありましたら、ご遠慮なく看護師、または医事課におたずねください。

退院

 退院は主治医の指示で決まります。退院時には健康保険証などを必ず医事課窓口へ提出してください。
 料金の計算ができましたらお知らせいたしますので、お支払いは退院までに済ませてください。
 その他分からないこと、お気づきのこと、お困りのことはご遠慮なく看護師、または医事課におたずねください。

退院後

 退院後も引き続き医療が必要で、通院が困難な方に対しては、病院から訪問診療いたしますのでご相談ください。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
加東市民病院 医事課
〒673-1451
兵庫県加東市家原85番地
電話番号:0795-42-5511
ファックス:0795-42-4740
メールフォームによるお問い合わせ