看護部理念・目標

更新日:2021年04月19日

看護部 理念

地域の皆様の 生涯において

健やかな暮らしと 尊厳を守り

思いやりの看護を実践します

基本方針

  1. 看護を必要とする人々の心情を汲み、個々の意思決定を支え QOL(生活の質)の向上に努めます
  2. 社会の変化とともに、信頼されるチーム医療の向上と地域への 貢献を目指します
  3. 在宅療養を推進し、地域資源との協働、継続看護の充実を図ります
  4. 互いを尊重し、いきいきと働き続けられる職場づくりに努めます
  5. 質の高い看護を提供するよう 看護教育と自己研鑽を推進し、豊かな人間性を育みます

令和3年度 看護部目標

  • 患者、家族、地域の人々に信頼される医療体制の充実、看護サービスを提供します
  • 意思決定をサポートし、入退院支援において 責任と継続性のある看護マネジメントを実践します
  • 個人と組織の主体性・レジリエンス【対応力・柔軟性】を高め、社会環境への需要と変革(成長)を促進します
  • 互いを尊重し、看護を語り、いきいきと働き続けられる職場をつくります

看護部の教育体制

看護部の教育方針

人生100年時代の看護を担える看護職の育成は必須です。

看護部では、加東市民病院看護部、ケアホームかとう療養課、加東市訪問看護ステーションの病院事業部の3つの機能において療養場面に応じた看護実践を体得しています。

病気になっても安心して暮らせる地域づくりを担う人材育成に努めます。

また、職員ひとりひとりが、自分の家族ならどんな看護を受けたいかという目線に立ち、喜びややりがいを語り合い、また、辛い時にも、言葉にして支えあえる職場づくりに努めてまいります。

教育理念

医療を取り巻く社会や環境変化に応じて

専門職としての能力開発に取り組み

質の高い看護が提供できる看護職員を育成する

  • 思いやりを持って一人ひとりを大切に看護サービスが提供できる人材を育成する
  • 科学的根拠に基づいた看護実践ができる能力を育成する
  • 病院内にとどまらず、地域連携・在宅看護を担える実践能力を育成する

教育目的

看護部理念のもとに社会の変化や地域の医療ニーズに即応するために

看護職員の主体的な学習を支援し、質の高い看護サービスの提供ができる人材を育成する

教育目標

  • 倫理的な思考・正確な技術を基盤に、対象のニーズに応じた看護実践能力を向上できる
  • 自己の看護観を発展させ、看護ケアのマネジメントができる
  • 倫理的感性を育て、人間の生命、人としての尊厳を尊重した看護が提供できる
  • 科学的根拠に基づいた探究心を持ち、問題解決能力、判断力を身につけることができる
  • 社会人・組織人としての自己の役割、心構えを理解し、適切な行動がとれる
  • 主体的に学び、自己研鑽できる、また、看護職員の育成を役割として実践できる

この記事に関するお問い合わせ先

加東市民病院 看護部
〒673-1451
兵庫県加東市家原85番地
電話番号:0795-42-5511
ファックス:0795-42-6216
メールフォームによるお問い合わせ