「SDGs先進度」総合ランキング(人口5万人未満の市区)で全国第1位になりました

更新日:2019年12月18日

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために設定された17の国際目標であり、2015年9月の国連サミットにおいて、全会一致で採択されました。

 

本ランキングは、日経グローカルが、平成3010月から11月にかけて全国815市区を対象に実施した調査と公表データを基に、SDGsの観点から、各市区の取組がどれだけ「経済」、「社会」、「環境」のバランスが取れた地域の発展につながっているかを評価したものです。加東市は、回答があった全国658市区の中で第182位となり、人口5万人未満の自治体において加東市が第1位となりました。

 

全国市区の「SDGs先進度」総合ランキング (人口5万人未満の自治体)
順位 市区名 総合得点
 (全国順位)
【100点】
経済(順位)
【14点満点】
社会(順位)
【50点満点】
環境(順位)
【36点満点】
1 加東市 50.83(182) 8.80  (89) 25.02(126) 17.02(297)
2 亀山市 50.03(200) 8.40(147) 24.70(140) 16.93(302)
3 牧之原市 48.97(218) 9.60  (44) 21.78(260) 17.58(264)
4 小諸市 48.55(227) 7.60(278) 23.45(192) 17.50(271)
5 小野市 47.75(244) 8.80  (89) 25.58(110) 13.37(456)
6 伊豆の国市 47.67(247) 8.00(201) 22.53(229) 17.13(290)
7 真庭市 46.87(258) 7.60(278) 22.30(243) 16.97(300)
8 中野市 46.77(261) 9.20  (71) 21.52(276) 16.05(337)
9 駒ヶ根市 46.57(265) 6.40(472) 19.73(370) 20.43(148)
10 砺波市 46.45(267) 8.00(201) 22.52(234) 15.93(342)

 

特に、1人当たりの製造品出荷額や市の財政における将来負担比率などで構成する「経済」の指標では全国順位で89位にランクしており、加東市の強みの一つであると評価された結果だといえます。外国人比率等の人口的要素や生活利便性等で構成する「社会」及び1人当たりのごみ排出量や地球温暖化対策の取組等で構成する「環境」の指標においても、大都市を除けば、県内では上位にランクしており、加東市の総合的な取組が評価された結果であると考えています。

 

この記事に関するお問い合わせ先

加東市 まちづくり政策部 企画政策課 企画調整係
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎4階
電話番号:0795-43-0388
ファックス:0795-42-5055
​​​​​​​メールフォームによるお問い合わせ