成人の予防接種

更新日:2019年05月16日

定期の予防接種

「定期の予防接種」とは、予防接種法に規定された疾病に対する予防接種で接種目的によりA類とB類に分類されています。

B類疾病は、主に個人の発病や重症化の予防を目的として、予防接種の効果と副反応についてご理解していただいた上で、本人の意思により受ける予防接種です。

高齢者の肺炎球菌予防接種(B類疾病)

各行に、対象年齢、生年月日が記載されています
対象年齢 生年月日
65歳 昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生
70歳 昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生
75歳 昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生
80歳 昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生
85歳 昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生
90歳 昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生
95歳 大正13年4月2日~大正14年4月1日生
100歳以上 ~大正9年4月1日生

満60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器の機能、またヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいを有する方で、身体障害者手帳1級相当と認定された方。

接種期間

令和2年3月31日まで

接種料金・回数

無料(1人1回限り)

接種方法

成人の予防接種協力医療機関での個別接種です。直接医療機関へ予約し、接種当日に、年齢・市内在住が確認できるもの(医療証等)、通知文書(対象の方に個別送付)をご持参ください。

北播磨圏域以外や入所施設などで接種を希望される場合は、事前手続きが必要ですので、必ず健康課までご連絡ください。

過去に当該ワクチンを接種された方は、対象外となります。
(特に過去5年以内に接種された方は副反応が強くでる可能性があります。)

関連情報

高齢者のインフルエンザ予防接種(B類疾病)

対象者

満65歳以上の方

満60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、また、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいを有する方で、身体障害者手帳1級相当と認定された方。

接種期間

令和元年10月中旬~令和2年1月末

接種料金・回数

無料(一人1回限り)

接種方法

成人の予防接種協力医療機関での個別接種です。直接協力医療機関へ予約し、接種当日に、年齢・市内在住が確認できるもの(医療証等)をご持参ください。

北播磨地域以外や入所施設などで接種を希望される場合は、事前手続きが必要ですので、必ず健康課までご連絡ください。

関連情報

風しん第5期予防接種

令和元年度から令和4年3月末までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性が定期予防接種の対象者として追加されました。

令和元年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方にクーポン券をお送りしています。お届けしているクーポン券を利用して、抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は定期接種の対象となります。なお、今年度のクーポン券送付対象でない方でも、ご家族に妊婦の方がいる場合や妊娠を希望する女性がいる場合など、早めに接種を受ける必要がある場合は、個別にクーポン券を発行します。

また、抗体検査及び予防接種時には、必ずクーポン券と本人確認書類(免許証、保険証等)をお持ちください。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方

接種期間

令和元年度から令和4年3月31日まで

接種料金・回数

無料(1人1回限り)

接種方法

全国の実施委託医療機関へ予約し、本人確認書類、抗体検査陰性判定書類、クーポン券をご持参のうえ、接種を受けてください。

実施医療機関については、市内であれば次の成人の予防接種協力医療機関(平成31年4月更新)に記載してあります。

また、市外であれば厚生労働省のホームページに掲載されていますのでご確認ください。

 

関連情報

任意予防接種

費用助成のお知らせ

病気のまん延を予防するため、市独自で予防接種料金の全額または一部を助成しています。
接種をご希望される方は、接種できる時期を確認し、体調が良い時に受けましょう。

風しん予防接種

風しんの流行に伴い、風しん予防接種費用の一部を助成します。
詳しくは、風しん予防接種費用の一部助成のページをご覧ください。

対象者

風しん抗体検査結果が「HI法で16倍以下、EIA法で陰性、判定保留または陽性で8.0未満」の方

妊娠している方、妊娠している可能性がある方は接種できません

接種期間

令和2年3月31日まで

接種料金(市助成額)

  • 麻しん風しん混合ワクチン 7,000円(上限)
  • 風しん単独ワクチン    3,000円(上限)

助成回数

1人1回限り

申請方法

健康課で、接種券の交付申請手続きをしてください。

接種方法

 成人の予防接種協力医療機関での個別接種です。直接協力医療機関へ予約し、接種当日に、年齢・市内在住が確認できるもの(医療証等)と接種券をご持参ください。

協力医療機関以外での接種を希望される場合は、払い戻し(償還払い)の手続きができます。詳しくは、 風しん予防接種費用の一部助成のページをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン予防接種

平成26年10月より、高齢者肺炎球菌ワクチンが定期接種となったため、下記の対象に該当する方で定期対象年齢にあてはまる方は、定期接種となります。(接種券交付申請をする必要はありません。)
 なお、定期接種対象年齢でも、過去に市の助成を受けた方は対象外です。

対象者

内部障がいに係る身体障害者手帳相当をお持ちの方(過去に市の助成を受けた方は対象外です。)

接種期間

令和2年3月31日まで

接種料金・回数

無料(1人1回限り)

申請方法

健康課で、無料接種券の交付申請手続きをしてください。
申請時に、印鑑、身体障害者手帳 が必要です。

接種方法

成人の予防接種協力医療機関での個別接種です。直接協力医療機関へ予約し、接種当日に、年齢・市内在住が確認できるもの(医療証等)と無料接種券をご持参ください。

原則、次ページの協力医療機関で接種を受けてください。やむを得ず協力医療機関以外で接種を受けられた場合は、払い戻し(償還払い)の手続きができます。くわしくは健康課までお問い合わせください。

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

ワクチンの種類

ワクチン名 他のワクチンを接種する時の間隔
生ワクチン 麻しん風しん混合、風しん単独 27日(4週間)以上おく
不活化ワクチン 肺炎球菌、インフルエンザ 6日(1週間)以上おく

 

この記事に関するお問い合わせ先

加東市 健康福祉部 健康課(保健センター)
〒673-1493
兵庫県加東市社50番地 庁舎2階
電話番号:0795-43-0435
ファックス:0795-42-3978
​​​​​​​メールフォームによるお問い合わせ